山口ブログ" /> 施設長のドタバタ日記

2019年04月13日

やっと週末

やっとの思いで週末を迎えた
毎日毎日色々な出来事、対処事案、多くの人との面談等
やる事なす事が初めての事ばかりで新鮮さ大
反面、精神的疲れは最大

事務室で職員と歓談する余裕も
入所者と世間話と
まあ、先週よりちょっと余裕が出てきた


今週は、苑内巡りを多く行い、入所者一人ひとりと傾聴
1周が約200メートルあり運動にもなる
一石二鳥

入所者の思いや要望、
介護者の取り組み課題が少し見えてきた

ボランティアの方(傾聴の会)の訪問もありがたかった
A966ADC4-74F2-432F-98B6-1E99BE283783.png

職員の研修に取り組む必要性を再認識

【新聞記事】
331EF0B6-6FB1-4FAB-A20C-9B84A1EADE82.jpeg


風呂の改善要望に応えるため
業者への説明まで進展することができた
なるべく加速させたい


posted by りょうてん at 01:13| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

錦苑見学

介護とケアマネージャーから風呂を改善して欲しい要望が

早速、特養とデイサービスの風呂を見に行く

要望は、車椅子で湯船に入れるようにして欲しいとのこと

介護士が抱きかかえての入浴は大変な重労働
介護士の負担が大きいことが理解できた


そこで近隣の錦苑に見学の申し入れ
快く見学を承諾してもらう

スロープがあり車椅子のまま入浴できる設備
リフトによる入浴設備など
便利な機械や設備にビックリ
「こんなのが欲しい」
「このようなスロープがあるといいね」などなど
参考になった


帰って早速、どうするかを相談

予算的な面は何とかクリアできそう
なるべく早いうちに対処することを約束

働く人が楽しくなるような施設を目指したい






posted by りょうてん at 20:12| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

「明日がある 明日がある 明日がああるさ」

1週間がスタート

爽やかな目覚めならず、どんよりした気持ち
疲れ疲労感が体に蓄積
先の見えない仕事にストレスMax

本日のスケジュールを確認し出勤
職場の玄関を入るとシャキッとした気持ちに

土曜日のトラブルを朝礼で指摘
仕事に対する責任感と危機管理をもっと自覚して欲しい
その意図が伝わってと願うばかり
入所者様の安心・安全のため

午前、午後と地域の行事に参加
何事もなければと願いつつ出発

沢山の人との出会いあり
地域の方々とのコミュニケーションも仕事の一つ
人との付き合いも財産
大切にしなければ


床暖房の切り替えの説明を業者から聞く
次から次への説明に内容はほとんど理解できず
床暖房使用開始の10月にまた来てもらい説明を聞くことにしよう


いつのまにか午後6時
時間が経つ速さにビックリ

「まあ、明日があるさ」で帰宅

おいしい夕食に癒される
ホッとできるひとときを満喫







posted by りょうてん at 20:39| 山口 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

長〜い1週間

やっと週末を迎えた昨日

六日市学園の入学式に参列するため自宅から直接行く
その分、朝ちょっと余裕があったのが嬉しかった
看護師と介護士を目指す若者の門出
驚いたのは半数が外国人
遠く母国を離れ、2年〜3年間ここで勉強する彼らにエールを送る
「頑張って」

午後からは数カ所外回り
バタバタと時間ばかりが過ぎる

週末、ほとんどの職員も定時で帰宅
急を要する仕事もなく、いつもより早めにタイムカードを押して帰宅


疲れ果て夕食後9時にはバタンキュー
長〜い1週間だったが充実感もあった
心身ともに疲れがMax


今日はゆっくりできると思ったのもつかの間
民生委員としての活動が発生

相談を受けた家を訪問し相談
来週に対応することにし
今日は話だけで終了
疎かにできない重要案件

明日こそ何もない日であって欲しいと願いながら就寝



posted by りょうてん at 04:01| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

4日👀にしてホッと一息

職員一人が仕事のことで相談に来る
「やっていく自信がなくなってきた」
初めて体験に対応ができない、自信がないと
勤めて一月
色々なプレッシャーが襲いかかってくるみたい
自分の悩みを打ち明けたことで落ち着いてきた
もう少し頑張ってみるという気持ちになってくれた
最初は誰でもあること
しっかり支えてあげたい


美川町の民自協の会長が来苑(親戚の和枝ちゃん)
勤めるようになって初めて話す
話したいことがいっぱいあり過ぎ
何から話そうか迷うほど

用件は10分で済ませ、50分はプライベートの話題
張り詰めていた気持ちが少し和らいだ
お陰で美川町の話題もいっぱい得ることができた
施設長の部屋がある特権


業者や色々な機関の方の訪問の多さにビックリ
来苑者への対応と印押しの時間を減らして欲しい


いつもより早めに帰ることができ家でホッと一息






posted by りょうてん at 20:23| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする