山口ブログ" /> 2017年10月: 施設長のドタバタ日記

2017年10月14日

鉄道の日に思う

急に雨が降ったり止んだり
まさに「女心と秋の空」
最高気温20度達したかな?



今日は「鉄道の日」 [Wikipedia]より

明治5年9月12日(新暦1872年10月14日)に、新橋駅(後の汐留貨物駅、現・廃止)と横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)とを結んだ日本初の鉄道(現在の東海道本線の一部)が開業したこと並びに、 1921年(大正10年)10月14日に鉄道開業50周年を記念して東京駅の丸の内北口に鉄道博物館(初代)が開館したことを記念したもので翌1922年から鉄道記念日として鉄道省により制定された。
1949年には日本国有鉄道の記念日となり、分割民営化後も引き続きJRグループの記念日としてJRグループ内で祝われていた。だが、1994年に運輸省(現・国土交通省)が「『鉄道記念日』のままではJRグループ色が強い」という提案で、「鉄道の日」と改称し、JRグループを始めとしたすべての鉄道事業者が祝う記念日となった。これを記念して鉄道の日の前後に鉄道関連のイベントが行われるところや、記念乗車券やプリペイドカードを発行する事業者もある。
1994年の第1回鉄道の日には、当時102歳の長寿双子姉妹成田きん・蟹江ぎんが一日東京駅長を務め、東北・上越新幹線ホームで新潟行「Maxあさひ309号」の出発指示合図を行った。その後、「銀の鈴」の横に並べられたその日だけの「金の鈴コーナー」の除幕式にも出席している。
東京では1995年以降、東京都千代田区の日比谷公園にて「鉄道フェスティバル」というイベントを開催している(1994年の第1回は秋葉原の神田市場跡地で開催、2012年の第19回は明治公園で開催[注 1])。また、一部の鉄道事業者で前後の休日にリバイバルトレインなどとして、過去の名列車などの特別な臨時列車を走らせたり、車両基地や工場を一般開放したりと、大掛かりなイベントを開催することも多くなっている。


高校生のとき(昭和46年)、柔道の大会に行くのにJR岩徳線に乗った
ジーゼルカーでもなくもちろん電車でもない
蒸気機関車D51だった
トンネル内では煙が客室に入り目にしみたのを覚えている
まだ40数年前のことなのに


しかし今、錦川清流線やJR岩徳線はジーゼルカーに変わり煙は出なくなった程度
都会の交通機関はずいぶん発展しているのに
あまり利用していないので文句も言えないか


まあ仕方ないか、過疎の地域だもん



休日の明日は教育振興フォーラムのプレゼン作成
まだまだ先と思っていたのにもう来週に
月日の経つのは早いものだ
お尻に火が付かないとしない自分
ざんねん!」



  


posted by りょうてん at 19:03| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする