山口ブログ" /> 2018年06月: (3) 施設長のドタバタ日記

2018年06月12日

心が満タンに

9時出勤22時勤務終了
途中2〜3時間休憩があったものの10時間勤務

お客さんから
「いいもの(ホタル)を見せてもらいありがとうございました」
この一言で心が満タンに


posted by りょうてん at 22:16| 山口 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

日に日に野菜たちは

今日も梅雨本番らしい天気


午前中予定していた畑仕事雨で中止
しかしこの雨、畑の作物にとっては恵みの雨
気温も上がり、日に日に野菜たちは競い合っている

IMG_1639.jpg

IMG_1638.jpg
ナスとキュウリがいい感じに

IMG_1637.jpg

昼から雨が上がりやっとサツマイモを植えることができた
昨日購入した”紅あずま”を12本植える
”紅あずま”は蒸したり焼くとホクホクとネットリタイプのサツマイモ
焼き芋にした時は、果肉の色が黄色く、見た目からとても美味しそうに見える
甘味もあり、人気があるらしい


IMG_1635.jpg
「10月の収穫が楽しみ」


夕食後”ホタル観賞”の運転
蒸し暑い日にしてはホタルの数が少なめだった
今日は私のように控えめのホタルばかりかな?
これから夏に向けさらに増えることを期待したい

C57復帰は7月21日以降
「貴婦人」の愛称で親しまれている、JR山口線「SLやまぐち号」の蒸気機関車「C57」は不具合の修理のため、今シーズンの運行開始が早くても7月21日以降となる見込みです。
JR山口線の「SLやまぐち号」は、当初、6月2日から「C57」が客車をけん引することになっていましたが、先月末の試運転で車輪をつなぐ軸に不具合が見つかりJR西日本が山口市にある車両基地で、詳しい原因を調べていました。
その結果「軸受け」と呼ばれる部分に傷が見つかり、京都市の車両基地に移送して修理することになりました。
「C57」の今シーズンの運行開始は、早くても来月21日以降になるということです。
このため、6月9日から7月1日にかけてのSLやまぐち号は「C57」に代わりデゴイチの愛称で親しまれている「D51」で運行することになりました。
また、7月7日から16日にかけては運転を取りやめることになりました。
機関車の変更と運転の取りやめについて、JR西日本は「楽しみにされているお客様やファンの皆様に深くおわび申し上げます」と話しています。
〈NHK 山口県のニュース|NHK NEWS WEBより〉


『訪問、ありがとうございます』『ポチお願いします』
kumapeko1.png
↓ ↓ ↓





posted by りょうてん at 22:24| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

スッキリしたmy畑

どんよりした曇り空で蒸し暑い
不快感を感じながら目覚める

仕事で寝るのが遅く睡眠浅く寝不足感大


朝食後午前中はテレビを見ながらウトウト
睡眠不足すっかり解消


午後雨が落ちないうちにと畑仕事開始

まずタマネギ収穫地の除草、マルチの片付け

サツマイモ植え付けのため、殺虫剤と肥料を散布し耕す
明日苗を買いに行く予定

他の場所の草取りをしている途中から雨が降り出す
汚れた服での作業、少々の雨は気にせず続ける

隣の畑の方(野菜作りの師匠)に”ダイコン”と”紫玉ネギ”を頂く
「紫玉ネギはスライスしサラダにして食べるとおいしいよ」とのこと
d0mt3h00000087hd.png


午後6時、予定していた畑仕事完了
スッキリしたmy畑を眺めつつ帰宅


夕食前、長男からLINEが入る
7月下旬に家族みんなで帰省するとのこと

チャイルドシートの用意はどうしようか?
帰省中何をしようか?
どこへ連れて行こうか?

などなど、久しぶりに孫に会える楽しみを感じながら夕食を食べた


明日の仕事は夜のホタル観賞だけ
雨が降らなければサツマイモを植えよう

子どもたちが昆虫観察
バッタやトンボなど、身近に生息する初夏の昆虫を子どもたちが観察する催しが、10日、山口市で開かれました。
身近な昆虫の生態について学んでもらおうと、山口市の県立山口博物館が開いた観察会には、地元の小学生や保護者などおよそ40人が参加しました。
子どもたちは、はじめに田中浩学芸員から網を使った昆虫の捕まえ方などについて説明を受けたあと、さっそく山口市の鴻ノ峰にある森に移動しました。
そして、葉にとまっているバッタやトンボなどの昆虫を網で捕まえ、慎重に虫かごに入れて観察したあと、学芸員やボランティアなどから名前や生態について教わりました。
母親と参加した小学5年生の男の子は、「友達と一緒に虫についてのいろいろな発見をすることができて、とても楽しかったです」と話していました。
田中浩学芸員は、「観察会をきっかけに、自分の家のまわりにいるさまざまな虫をぜひ、探してみてほしい」と話していました。
〈NHK 山口県のニュース|NHK NEWS WEBより〉


『訪問、ありがとうございます』『ポチお願いします』
kumapeko1.png
↓ ↓ ↓


posted by りょうてん at 20:45| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

「来た甲斐があった」の嬉しい一言

昨日までのの天気が嘘のような爽やかな朝
快晴で日差しも十分で気分も上々

しかし爽やかさは朝だけ
日が昇るにつれ気温も上昇
蒸し暑さが戻ってきた

0818-入梅.jpg



13時の送迎を終え、北組仏教壮年会の総会に参加
送迎のお客さんは北組仏教壮年会総会に参加される方々

公私混同かな?

終了した17時まで睡魔との戦いの3時間30分

その間ずっと人の話を聞くだけ

聞き取りにくい声や内容がよく理解できずストレスの溜まった総会
「そんなことを言ったら阿弥陀様に申し訳ないか」


午後8時のホタル観賞に出発
蒸し暑い日はホタルが多く飛ぶの予想通りホタルの乱舞を見ることがでた
「来た甲斐があった」の嬉しい一言
自然の恩恵に感謝

017_ほたる.GIF


明日は仕事が休み
野谷小学校の同窓会の準備と畑仕事

山陽道親子死亡事故 調査報告
おととし、下松市の山陽自動車道で、4渋滞の車列にトラックが突っ込み母親と子ども2人の3人が死亡した事故について自動車事故調査委員会が調査報告書をまとめ、運転手が落としたペットボトルを拾うため時速90キロでおよそ9秒間にわたって前を見ずに運転していた可能性があると指摘しました。
おととし5月、下松市の山陽自動車道でトラックが渋滞の車列に突っ込み、巻き込まれた母親と子ども2人のあわせて3人が死亡し、7人が重軽傷を負った事故について国の委託を受けて調査してきた事業用自動車事故調査委員会が報告書を公表しました。
それによりますと、警察の調べに対し、運転手は「落としたペットボトルを拾おうと運転席でかがみこんだ状態で200メートルあまり走行した」と話していて、このときの速度は制限速度を大幅に上回る時速90キロに達していたことがわかりました。
このため、運転手は高速道路上で約9秒間、前を見ずに運転していた可能性があるということで、高速で漫然と運転したことが重大事故を招いたと結論づけています。
その上で、運送会社が運転手の労働時間を把握せず、法令で義務づけられている点呼も行わないなど運行管理の体制が全く機能していなかったと指摘し、国に対してこうした会社を見過ごさないよう指導監督の強化を求めています。
〈NHK 山口県のニュース|NHK NEWS WEBより〉


『訪問、ありがとうございます』『ポチお願いします』
kumapeko1.png
↓ ↓ ↓




posted by りょうてん at 23:29| 山口 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

温泉再デビュー

湿った空気の影響で曇りや雨の1日 ☔ ☔ ☔

送迎出発前、車の点検と掃除
ちょっと動くと汗ばむ ( ̄◇ ̄;)
不快感も上昇 (´^`;)



今日の送迎で2ヶ月ぶりのお客さんが乗車

4月の足の手術から2ヶ月のリハビリを経ての温泉復帰

元気そうで、歩く姿勢も前よりよくなられたように感じた
一緒に乗車された方々と回復を喜んだ

「もう歩けんようになるかもしれんと思うちょった」
91歳の温泉再デビュー 。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

憩いの家.png

「よかった、よかった」

「Yさん、これからも元気で温泉に来てくださいね」 



明日は北組仏壮の総会
送迎+総会参加&ホタル観賞
仕事とお寺の総会で忙しい1日になりそう

イージス・アショア 文書で照会
新型迎撃ミサイル「イージス・アショア」の配備計画をめぐり、県と萩市、それに阿武町の幹部が中国四国防衛局を訪れ、萩市の演習場が配備の候補地となった選定基準を示すことなどを求める小野寺防衛大臣宛ての文書を提出しました。
防衛省は、北朝鮮による弾道ミサイル攻撃に備え、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基を導入する予定で、山口県萩市と秋田市にある自衛隊の演習場が配備の候補地となっています。
これについて防衛省の大野防衛政務官が6月1日、山口県庁を訪れ、説明を行いましたが、十分な理解までは至らなかったとして、山口県や萩市、それに阿武町の幹部が8日、中国四国防衛局を訪れ、担当者に小野寺防衛大臣宛ての文書を提出しました。
文書では、萩市の演習場が配備の候補地となった選定基準や、レーダーの電磁波が住民の健康などに影響を与えないとする科学的な根拠を示すとともに、あらためて地元での説明会の開催を求めています。
「イージス・アショア」は、弾道ミサイルに対処できる海上のイージス艦と同様の機能を地上の施設として整備した迎撃ミサイルシステムです。
山口県の平屋隆之総務部次長は「できるだけ早く回答をいただくとともに、回答内容も踏まえて、今後実施される地元説明会で住民の不安がしっかりと取り除かれるように説明してほしい」と話しています。
〈NHK 山口県のニュース|NHK NEWS WEBより〉


『訪問、ありがとうございます』『ポチお願いします』
kumapeko1.png
↓ ↓ ↓

posted by りょうてん at 20:56| 山口 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする