山口ブログ" /> ”おはようございます”の声に元気をもらう: りょうてんブログ

2018年03月13日

”おはようございます”の声に元気をもらう

7時過ぎ”あいさつ運動”のため出発
今日もフロントガラスが凍結

IMG_1252.jpg

さほど寒さは感じないが氷点下の朝に



子供たちと元気よくあいさつを交わす

IMG_1257.jpg

暖かくなってきたせいか真冬の時より明るい声
”おはようございます”の声に元気をもらった

001_集団登校.GIF



昼食をいつものラーメン屋に行くと定休日  
月曜日が定休日と思っていたが?
仕方なく近くの和食の店に行く
メニューの種類が多く迷ったあげく”海鮮ちらし”900円に決定

IMG_1265.jpg

魚が新鮮で酢と飯のバランスバッチリ
お得感で心も満足



昼食後確定申告のため支所に行く
たいした収入もなく簡単の終わる
戻りはわずか



午後は18時からの会議の資料づくり
16時には資料作成、印刷を終え準備万端



今年度最後の協育ネット協議会
来年度に向けての新たな取り組みについて審議
多方面からたくさんの建設的な意見が出た
来年度4月の第1回めの会議にまで再検討



夕食中叔父(90歳)の死亡の知らせ
8人いた叔父叔母が二人に


明日は岩国市民生委員児童委委員福祉部会に参加

二十歳の自分あてに手紙
03月13日 20時13分
小学校を卒業するのを前に、美祢市の6年生の児童たちが二十歳の自分に宛てて将来の夢などを記した手紙を書きました。
これは、卒業を前に自分の将来について見つめ直してもらおうと、美祢市美東町の綾木小学校で行われたものです。
12日は、今月20日に卒業する児童6人が二十歳の自分の姿を思い浮かべながら、自分に宛てて手紙を書きました。
書き終えた児童たちは、8年後の成人式で集まった時に思い出話ができるように、書いたばかりの手紙をみんなの前で発表しました。
児童たちは、「昆虫博士になるため大学で頑張って勉強していますか」とか、「人見知りを克服し友達がたくさん出来てヘアメイクアーティストとして仕事していますか」などと、将来の自分を励ますようなメッセージを読み上げていました。
手紙を書いた男子児童は、「8年後の二十歳の自分を思い浮かべながら書いたので楽しかったです。将来の夢がかなえられるよう頑張っていきたいです」と話していました。
子どもたちが書いた手紙は、学校が保管し8年後の成人式の前に各家庭に届けられるということです。
〈NHK 山口県のニュース|NHK NEWS WEBより〉

二十歳になる日が楽しみだね ( ´艸`)たのしみ〜
きっと感動するだろうな
 

『訪問、ありがとうございます』『ポチお願いします』
kumapeko1.png
↓ ↓ ↓
posted by りょうてん at 21:46| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。