山口ブログ" /> 初挑戦のホタル撮影: 施設長のドタバタ日記

2018年05月29日

初挑戦のホタル撮影

朝から梅雨本番らしい天気


畑仕事を予定していたが変更
”晴耕雨読”でなく”晴耕雨映画”
iTunesでレンタルしていた「明日の記憶」を視聴
メインキャストは”渡辺謙”と”樋口可南子”
夫の病気と共に闘う夫婦の愛情がテーマ
いい映画に幸せをプレゼントされた感


夕方からホタルの撮影の準備
初めての撮影
撮影方法について事前研究

夕食後、昨日10数匹飛んでいた第1地点に行く
暗くなる前に準備
焦点、角度、ズームを決めた

しかし、取り始めるとピントや角度がずれる

暗い中、勘で焦点と方向を合わせる羽目に
「早く来ても意味ないな」
昨日よりやや少ない

IMG_4974.jpg

IMG_4979.jpg

IMG_4965.jpg

IMG_4987.jpg

まったくピントが合っていないな
下手くそな写真を笑ってください
もっと上手に撮れるよう頑張りたい


明日は送迎1件と夜勤

イージスアショア来月1日説明へ
新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備をめぐり、小野寺防衛大臣は、来月1日にも、候補地となっている山口県に防衛政務官を派遣して、安全性などの説明を行うことを明らかにしました。
防衛省は、北朝鮮による弾道ミサイル攻撃に備え、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基を導入することにしていて、配備先の候補地として、日本海側の、萩市と秋田市にある自衛隊の演習場を検討しています。
これについて、小野寺防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し、来月1日にも、山口県と秋田県に防衛政務官を派遣して、関係自治体への説明を行うことを明らかにしました。
その上で、「イージス・アショアの安全保障上の必要性や、安全性、住民の普段の生活に影響が出ないことを丁寧に説明する」と述べました。
一方、記者団が、「北朝鮮の非核化をめぐる議論が進む中、配備そのものに慎重論も出ている」と質問したのに対し、小野寺大臣は、「北朝鮮はまだ何も約束しておらず、約束がなされたとしても本当に実行されるのか疑ってかかる必要がある。防衛装備の準備にはかなりの時間がかかり、同時並行で対応していくことが必要だ」と述べました。
〈NHK 山口県のニュース|NHK NEWS WEBより〉


『訪問、ありがとうございます』『ポチお願いします』
kumapeko1.png
↓ ↓ ↓


posted by りょうてん at 21:52| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。